夫婦なんだからセックスはいつでもOKというわけではない

お互いに気持ちが冷めてしまうと、たとえ夫婦といえどもセックスはとんとご無沙汰になるのが普通です。
日本性学会ではセックスレスは「1か月以上セックスがない状態」と定義しています。
なんと「1ヶ月」ですよ!「1ヶ月!」
おそらくあなたは1か月どころかウン年もセックスレスではないですか?

心理学ではセックスを身体的接触によるコミュニケーションと分類されています。
性科学会では「セックスは愛上位を伝えるもっとも優れたコミュニケーション」とも言っています。
口で愛していおるというよりも、肌と肌が触れ合ってセックスするほうがストレートに愛情が伝わるのです。

でも、これはお互いが愛し合っているという前提の元です。
夫婦のどちらかの気持ちが冷めてしまうと。この前提条件はいとも簡単に崩れてしまいます。

妻がもし夫に対して愛情が無くなってしまった場合、触られるのもいたでしょう。
しかし、このセックスレスの問題で深刻なのは男性です。
まだ夫がその気ならば嫌々でも妻はセックスに応じることもできます。
しかし、夫が妻に対して愛情がなくなるとセックスできなくなるのです。
それは勃起不全です。
最近では「嫁だけED]「妻だけED」
つまり、妻にだけ勃たない、嫁にだけ勃たないという夫が増えているのです。

特に子供が生まれて、妻が「女」から「母」に変わると夫も妻を「女」として見れなくなることも多いのです。

夫からすれば、単にセックスの快感を得たいだけなら別に津あmでなくても構いません。
いや、許されるならそのほうが嬉しいことでしょう。
しかし、そういう問題ではありません。
夫婦の場合、セックスはお互いの愛情の確認する重要なコミュニケーションです。
単なるセックスの快感を得るためのものではないのです。
現に「セックスレス」が離婚の原因として認められることもあるくらいです。
また、相手はしたくないのに強引にセックスを迫るのもいけません。

夫婦間でのセックスは愛情のバロメーターです。
もし、今セックスレスになっているのなら、早めに原因や理由を突き止めておきましょう。
旦那 立たない ショック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です