ベッドの買い替えの目安

質の良いストレスフリーの睡眠をとるためには、ベッドの状況を把握することも重要だと断言できます。とりわけ2~30年使っているベッドのケースでは、落ち込みや耐用年数が気になってしょうがない人もいらっしゃることと思います。

このページでは、ベッドの注文や買い換えをしようかどうか検討している人に対して、ベッドの耐用年数に関して説明しようと思います。ベッドの買い替え時期を判別する方法、ベッドを長持ちさせる方法などにおいても案内するので、一段とストレスフリーの深い眠りのために役立てていただきたいです。

「ベッドの耐用年数」とひと言でいいましても、マットレスとフレームでそれぞれ耐用年数が違ってきます。そういった背景から、買い替えのケースは別にしておこなわなければならないのです。こちらでは、それぞれの買い換えのものさしを説明しようと思います。

マットレスは日常的なメンテナンスによって耐用年数をのばすことが可能です。
一般的に考えてマットレスの耐用年数は、おおむね5年から10年あたりが目安ではないかと考えます。その長さは質の良さに応じて変わってしまうのが現実で、ハイグレードで質の良い商品の場合は10年くらい保持することだってあります。

それから、 日常的なメンテナンスによってマットレスの耐用年数をのばすことができます。きちんきちんと日干しや陰干しをして除湿してみたりとか、裏表にひっくり返しローテーションしたりして活用することによりマットレスのヘタリやカビを防止できて、長持ちするものです。ベッドパッドや敷パッドなどのおふとんと上手く併せて使用することでも、低下にブレーキをかけることが可能だというわけです。

ベッドフレームのごく一般的な耐用年数は10年くらいが目安になります。ベッドの床下にヒビ割れがあったり、カビが現れたりしているケースだと、もっと早く買い換えが求められます。それから、ベッドの利用中にきしむような雑音がするケースも買い替えを考慮した方が良いと思います。

雲のやすらぎ極 分割払い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です