介護サービス利用者獲得にあたって送迎範囲も重要ですよ

どこの介護事業所も実際の経営状況はきびしものがあります。
そこで目の色を変えて利用者獲得にはsh字りがちです。
しかし、そこで利用者獲得も大事ですがその介護サービス利用者の送迎範囲です。
・送迎がサービオス開始時間威送れると介護報酬が減らされます。
・送迎スタッフに残業が発生して疲弊するし、残業代コストも書かkる
・送迎範囲が広くなるとそれだけガソリン代がかさむ
送迎判批が広くなるとそれだけ事故のリスクも高くなる
このあたりのことも闇雲に介護サービス利用者獲得に走る前にしっかりと検討しておきましょう。

介護事業で特にデイサービスでは「送迎義務」があります。
そのためデイサービス事業者は介護サービスを定めておかなければなりおません。
利用者獲得のためにむやみに実施地域を広げてしまうと、それだけ送迎義務の負担が大きくなりすぎて大変位なります。
また実施地域に「河川」や「踏み切り」などがあることもあります。
「河川」の場合には利用者t楽までの橋を渡るためにかなり遠回りしなければならないこともあります。
「踏み切り」の場合は通勤時間や重他kぃに撒き揉まれると時間がかかることも考えられます。
実施地域の設定にあたっては、需要や競合の状態も大切ですが「利用者の送迎が効率的に行えるか?」もとても大切です。
このあたりはしっかりと土地勘を養っておく必要があります。
実施地域の設定の目安は「車の移動」の観点から設定しましょう。
介護事業所から利用者宅まで片道15分程度(往復30分程度)が一つの目安ではないでしょうか。
送迎にそれ以上かかる利用者ならかかる労力が大きすぎます。
あえてお断りするのもひとつの決断かも知れません。
それよりも地域内のケアマネージャーの営業に力を入れていき地域密着型を目指すほうが得策かもしれません。
実施地域内のケアマネージャーの囲い込みはどこの介護事業所でも必要不可欠な対策でもあります。
営業が苦手という介護事業所の方も多いですが、そんなことを言っていると生き残れません。
介護職 やってられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です