Monthly Archives: 5月 2022

脂肪が増えるメカニズム

脂肪というのは燃やしてカットするもの。というようなことはなんとなく分かっていても具体的にどのようなことなのか知らない人もかなりいるはずです。脂肪燃焼のカラクリを知って、トレーニングやカロリー制限の効果2倍アップを目指した方がいいでしょう。

あり余ったお肉=脂肪、というような概念はどのような人も持っているかもしれないのですが、その正体について、あまりわからないといった方がほとんどではないかと思います。

脂肪細胞と言いましても一から十までが懸念材料なわけではございません。
脂肪細胞という意味は「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2つの種類があって、1つ1つ違う働きを引き受けているのです。脂肪の働きの違いについて説明しようと思います。

この白色脂肪細胞というのは、体の中で使い切れず過剰となったエネルギーを中性脂肪としてキープする働きがあって、詰まるところ脂肪太りの原因となる細胞になります。皮下や内臓の周辺にたくさん存在しています。
妊娠末期の三か月(胎児期)、乳幼児期・思春期に集中して増加して、一回でも作られると個数は減少しづらいです。これまでだと、思春期までに一生涯の脂肪細胞の分量が決定すると思われていましたが、ここ数年の研究においては、思春期以降にもカラダに脂肪が入り切らなくなってしまうと、さらに細胞の数を上乗せして脂肪を取り込めることがわかってきました。

褐色脂肪細胞については、白色脂肪細胞とは異なる、脂肪を減らすというビックリするような機能を持ち合わせています。脂肪細胞だというのに、その脂肪を燃やしてエネルギーを消費することが期待されているというわけです。大人では、首回り、肩甲骨周辺、腎臓の周辺、胸部大動脈あたりに少しばかり存在しています。

骨格筋が多くない子どもの時代には、脂肪を燃焼して熱を発生させることによって体温キープをしているのでこの褐色脂肪細胞がたくさん存在します。しかしながら、基礎代謝の役割を果たす骨格筋が作り上げられる大人にさしかかったら、熱源が骨格筋に移ってしまうことが要因で、一部を残して少なくなっていくというわけです。

モッズクリニック 脂肪吸引 ダウンタイム

兼業農家の実家で育ったということは。

我が家は兼業農家である。

ものごころついたときに分かったのだが、我が家は兼業農家といわれる農業と主業の2つのビジネスをしている家庭だった。

2つのビジネスといえば聞こえはよいかもしれないが、ようはサラリーマンの傍ら農業もしているという状況だ。

父はサラリーマン、母もパートタイマーであり、その休日や出勤前・帰宅後を利用して、種植え・苗の管理・畑や田んぼを耕し・収穫・出荷のサイクルを繰り返していた。

実家が地方の田舎ではよくある光景かもしれない。

私の世代は、田舎ということもあり半数は兼業農家の家庭だった。

 

祖父母の代は専業農家で、貧しくも日々の生活をしのいでいた名残なのだと思う。

1970年代~は高度経済成長期というのもあり、田舎で育った息子や娘の半数以上は首都圏や大阪などの大都市に就職していった。

しかし中には長男、もしくは実家を離れたくないという理由で地元の中小企業に就職を決める子供も一定数いる。

その地元に残った子供たちが先祖代々の土地を守るという名目で、田畑を相続し、継続して農業を続けているのだろう。

もちろん、農業を続ける必要は各家庭により変わってくる。

十分な収入があれば(生活していける範囲の収入)続ける必要はないだろうと思われる方も多いかもしれない。

しかし、田畑は遊ばせていれば(何も作物を育てなければ)荒れ果て、雑草が生い茂り、そこに虫が湧く。

見た目だけでなく、近隣の住宅や隣の田畑にとって多大なる迷惑をかけてしまうのだ。

【害虫の発生や、雑草の種が近隣の田畑にまかれることによる対策の手間がかかる】

そうならないためにも、引き続き作物を育てることになる場合が多いのである。

 

実家の、主な農業の内容としては稲作とジャガイモ・サツマイモの生育だった。

これはもちろん地用や地域によって変わってくるが、稲作はどの地域でも一定数いるのだろう。

 

日本は島国ということもあり土地が限られているため、一部地域を除いて大規模な農業は難しい。こじんまりとした田畑に機械を入れて作るのである。その場所が終われば、少し離れた場所(場所によってはそこそこ距離のある田畑もあった)の田畑を耕すために移動することもある。

なんと非効率的な事だろうと、青年期にはもやもやとした感情が心にあった。

 

しかし、私自身ある年代に入り、少し心に変化が出てきたのかもしれない。

農業(土に触れる)ことに対してある程度理解ができるようになってきたのである。

収穫した作物を販売しても利益は出ないのですが、作物の成長を確認し、収穫作業をしているときの達成感は仕事では得難い妙な感覚があった。

 

兼業農家の家庭は減りつつあると考えている。社会の発展に伴い喜ばれるべきことなのかもしれない。

しかし、最近では兼業農家であることはデメリットばかりではないのではないかという思いが湧いた。

1次産業の農業。その農業に触れることでしかできない喜びや経験を味わえる。

そんな風に意識を変えていくことが、よりよく生きることなのかもしれない。

 

この記事も読まれています。

 
フレイスラボシカクリーム 販売店

介護サービス利用者獲得にあたって送迎範囲も重要ですよ

どこの介護事業所も実際の経営状況はきびしものがあります。
そこで目の色を変えて利用者獲得にはsh字りがちです。
しかし、そこで利用者獲得も大事ですがその介護サービス利用者の送迎範囲です。
・送迎がサービオス開始時間威送れると介護報酬が減らされます。
・送迎スタッフに残業が発生して疲弊するし、残業代コストも書かkる
・送迎範囲が広くなるとそれだけガソリン代がかさむ
送迎判批が広くなるとそれだけ事故のリスクも高くなる
このあたりのことも闇雲に介護サービス利用者獲得に走る前にしっかりと検討しておきましょう。

介護事業で特にデイサービスでは「送迎義務」があります。
そのためデイサービス事業者は介護サービスを定めておかなければなりおません。
利用者獲得のためにむやみに実施地域を広げてしまうと、それだけ送迎義務の負担が大きくなりすぎて大変位なります。
また実施地域に「河川」や「踏み切り」などがあることもあります。
「河川」の場合には利用者t楽までの橋を渡るためにかなり遠回りしなければならないこともあります。
「踏み切り」の場合は通勤時間や重他kぃに撒き揉まれると時間がかかることも考えられます。
実施地域の設定にあたっては、需要や競合の状態も大切ですが「利用者の送迎が効率的に行えるか?」もとても大切です。
このあたりはしっかりと土地勘を養っておく必要があります。
実施地域の設定の目安は「車の移動」の観点から設定しましょう。
介護事業所から利用者宅まで片道15分程度(往復30分程度)が一つの目安ではないでしょうか。
送迎にそれ以上かかる利用者ならかかる労力が大きすぎます。
あえてお断りするのもひとつの決断かも知れません。
それよりも地域内のケアマネージャーの営業に力を入れていき地域密着型を目指すほうが得策かもしれません。
実施地域内のケアマネージャーの囲い込みはどこの介護事業所でも必要不可欠な対策でもあります。
営業が苦手という介護事業所の方も多いですが、そんなことを言っていると生き残れません。
介護職 やってられない