Monthly Archives: 4月 2022

酔っ払いの話がいつもくどい理由は脳とアルコールの関係

酔っ払いの話ってくどいですよね。
何度も何度も同じ話を繰り返してきます。
これ、実はアルコールと脳の大きな関係があるとされています。
アルコールで脳が影響を受けるのイは「前頭葉」「小脳」「海馬」の3種類です。
アルコールで脳の機能が落ちて、酔っ払いは考えられない好悪同や府¥言動をしてしまうのです。
前頭葉は理性をコントロールする部分です。
これがアルコールによって機能が低下してくると理性のガードがもろくなります。
すると「悪口」「秘密」「自慢話」がついつい出やすくなてしまうのです。
普段なら絶対に話さないようなことを話し出すのはアルコールで前頭葉がマヒしてきているせいなんです。
酔っ払いは
・やたら大声でしゃべりる
・下ネタを話す
のも理解できますよね。
酔っ払いの話がくどいのは、アルコールで解放された前頭葉が、ここまで人をおしゃべりにするのですから驚きです。

しかし酔っ払いの話がくどいのはまだマシといえます。
さらに酔いが進むとますます挙動がおかしくなります。
これには脳の小脳が関係してきます。
小脳は平衡感覚や精密な行動、近く情報をつかさどる部分です。
この小脳がアルコールで機能が亭冒してしまうと
呂律が回らなくなったり
千鳥足になったり
してしまいましゅ。
いわゆる酔っ払いの行動ですよね。

さらに酔っ払いの多くが言う言い訳が
「酔っていてまったく覚えていない」
という言葉です。
確かに記憶機能をつかさどる海馬がアルコールで麻痺してしまうのですからそれもしかたありません。
海馬は記憶のメモリーです。
それが酔っ払い特有の記憶の忘却になるのです。
しっかりと自分の意思でやった行動も忘れてしまう。
いや記憶がないのです。
例えば
「酔っ払ってはいたが、しっかりと受け答えしていたのに、当の本院は全く覚えていない」
ということになるのです。

この海馬には「
短期記憶」と「長期記憶」の2つの役割がありますb。
短期記憶とは一時的に記憶するだけで覚えている時間はごくわずかです。
しかし、これがアルコールで機能が低下し、今話したことも忘れてまた同じ話を繰り返す理由です。
シークワーサー 原液 お酒

更年期の肌荒れ

更年期って顔のほてりや暑さなどと思っていませんか?

実体験から言うと多くあるのが

・顔のほてり
・イライラ
・急な発汗
・不安症
・不眠
・暴飲暴食

などがあると思います。

私も自分がその年齢になるまではそんな感じだと受け止めていました。

ただ、更年期に入る少し前から変調が表れ始めていたんです。

当時、コロナウィルスが流行り始めてマスク必須の生活になっていました。

なれないマスク生活もだんだんと当たり前のようにしていて逆にマスクをしていないと落ち着かない感じでした。

そんなマスク生活も1年が経った頃からお肌があれ?と思うようになってきた。

ぽつぽつと白っぽい物が口の周りにでき始めているんです。

最初は化粧を落とさずに寝てしまったからかな?寝不足が続いていたしストレスもおおくあるなぁ~と安気に考えていたんです。

ですが、一向に治る気配もなくそのポツポツの1つがニキビの様に腫れて膿が溜まっていて赤くなる状態になってきたんです。

気になりニキビを潰して早く膿を出していました。

1つが出来てやっと治ってきたかな?と思う頃にまた1つニキビが大きくなってくるんです。

それでも子供の受験があるからかな?とか仕事でかなりストレスがあるからかな?なんて性格上緊急性が無い限り病院に行くことがありませんでした。

けれど、3か月も治らずニキビの後も気になり始めてきたので受験がひと段落した所で皮膚科に行ってみる事にした。

始めにいった皮膚科が最悪で・・・

ニキビではないがこれはレーザーでやくのがいいわ。少し痛いけど我慢して。といきなり病状の説明もなく処置室に連れていかれてレーザーで焼き焼き><

これがまた痛いのなんのって・・・。中の膿?を絞り出すのかお肌を挟んで押してみたり上から押さえつけるような事をされて中の歯茎が押されていた過ぎて。

結局何が原因なのかもわからず終わった。

最初から間違ったような気がする。

で、1週間・2週間たっても治らず、病院を変えることにした。

そこでは、生活習慣や・更年期・ビタミン不足など原因は色々あるしわからないけど塗り薬と飲み薬をくれた。

やはり更年期でもホルモンのバランスによって肌荒れに出る事もあるようでした。

そこからは、洗顔・スキンケアを念入りにすると同時にビタミン剤の追加、睡眠やなるべくストレスが無いないように努力をしている。

洗顔はそのニキビが出始めた時に気になっていたものを今も続けている。どれが良いのかはわからないけど、何かが抜けてもうまくはいかないようでした。ラミナーゼ 販売店

どのサプリメントが効いたのか分からない

社会人になった娘、「パパが、また育毛剤を買って来た」
娘がそう言うのも無理はない、なぜなら、髪が薄くなった夫にお小遣いを渡すと育毛剤や発毛剤を買って来るから。
しかし、夫の髪が元に戻ることはない、なぜなら、夫の髪が薄くなったのは先天性によるものだから。
先天性とは、生まれる前から髪が薄くなることが決まっていたということ。
なぜ、髪が薄くなることが生まれる前から決まっていたかは定かではないが、おそらく、前世の夫もヤンチャをして、その罰として髪が薄くなったのだろう。
髪が薄くなることが分かっていたら、私は夫と結婚をしていない。
髪が薄くなる夫と結婚をしてしまったのは、罰なのかもしれない。

社会人になってお金を稼ぐようになった娘は、美容効果を期待されるサプリメントを頻繁に買って来る。
しかし、夫と同じで、どのサプリメントも長続きはしない。
娘の部屋には、使いかけのサプリメントが沢山あるため
私、「サプリメントは飲まないの?」
娘、「ママにあげる」
数カ月後
10年来のママ友、「肌がツヤツヤじゃない」
ママ友は私と同年代(50代前半)、そのため、平気で嘘が付ける。
別のママ友、「髪が艶々じゃない」
このママ友も同年代、真に受けてはいけない。
近所に住む幼馴染み、「元気そうね」
色んな人から褒められると悪い気はしないのだが、娘に貰って飲んでいるサプリは多種多様、そのため、どのサプリが効いているのか分からない。
洗面所の鏡を見ながら
夫、「髪が濃くなったと思わない」
そう言われてみると、近頃の夫は髪が濃くなった。
私、「どの育毛剤が効いたの?」
夫、「色々試しているから、どの育毛剤が効いたのかは分からない」
洗面所の鏡を見ながら
娘、「肌荒れが治った」
私、「良かったじゃない、どのサプリが効いたの?」
娘、「色々試しているから、どのサプリが効いたのかは分からない」
私、「しっかりしてよ」
人のことは言えない。

初めてボーナスを頂いた娘は、祖父母にプレゼントを送った。
翌日、私の両親(祖父母)から御礼の電話があった。夫の実家は遠いため、御礼の電話は翌々日にあった。
送り先が遠いと、プレゼントが届くには時間が掛かる。
これと同じで、サプリメントが効き始めるにも時間が掛かる。
心臓より高い位置にある頭部に血液を送るには重力に逆らう必要があるため、育毛剤が効くには時間が掛かる。
肌も心臓より遠い位置にあるため、肌荒れが解消するには時間が掛かるのだ。

 

 

スルーモイスト 購入 メリット

悲しいかな男は女を見た目で判断するのが当たり前

いくら不細工な男性でも
仕事は医者か弁護士
年収も1千万円以上
そんな男性ならまわりもうらやむ美女をがべらせています。
女子絵のほうから言い寄ってきます。

一方、女性の場合はどうでしょうか?
いくら性格がよいと言われている女性でも
正直 ブスの自覚がある女性ならなら彼氏をゲットするには相当な苦労をしているはずです。

なにが言いたいというと
男は女を外見で得選ぶ
ということは紛れまない事実であるということです。

しかし、多くの女性が誤解しています。
男性が女性に求めるのは「美人」ではなく「いい女」なんです。
この「いい女」が女性目線と男性目線では大きく異なります。
女性目線では「いい女」とは美人でスタイルの良い
まるでファッションモデルのような女性をイメージするかもしれません。
しかし、男性からすればあんなガリガリの女性に魅力は感じないのです。
テレビや写真集などので見ているならベルですが、実際に会うとそう感じてしまいます。
あなたも元彼が熱狂しているアイドルに
「なんでこんな娘がいいの?」
なんて不思議に思ったことは一度や二度ではないはずです。
男は必ずしも「顔」だけで魅かれません。
「おっぱい」や「クビレやヒップ」に大きく魅かれるのです。
いわゆるこのあたりに男はみんな「セクシー」と感じるのでwす。
オッパイがお気いというだけで人気アイドルになった女性がたくさんいることはあなたもご存知ですし、その魅力も理解できないはずです。

男はいつも女性を観察しながら妄想しているのです。
「この女性なら私の子供を立派に産んでくれる」
それが好きになる前提条件です。

オッパイの大きくてクビレもあるセクシーなヒップライン
そんな女性が目の前に現れたのなら男はみんな「ヤリたい!」と考えてしまうのは本おうだからです。

ですから「お顔」のお手入れも重要ですが、それと同じくらい男性好みのスタイルを手に入れることも考えてください。
男は女を外見で選ぶ
それは紛れまん愛事実ですが、それは必ずしも「顔」だけでなないんおですから
元彼に復縁したいと思わせる