看護師や機能訓練指導員が行う訪問看護とは

訪問介護でも関看護師や機能訓練指導員が行うものはヘルパーが行うものとは少し趣が異なります。
それは療養上の介助と診療の補助を行う訪問介護だからです。
療養上の介助とは、医学管理下における
・入浴の介助
・食事の介助
・排泄の援助
等のサービスを提供します。
また診療のホp所では、かかりつけ医の左飛道の元・病状の観察
・身体の清潔
※膀胱医洗浄、浣腸、人工肛門の管理など
・褥瘡の処置
※長期間の寝たきりになったためにはsh相する身体とベッドの接触カ所の血行不良周辺組織が壊死を起こす床ずれ
医療機器の導入
・検査の補助
・介護用品の工夫や照会
・点滴の管理
などがあります。
また特殊な例では末期がんなどの痛みの緩和や人工呼吸器の管理などの処置もあります。
このように通常の訪問介護のヘルパーにはできないことをい行う訪問介護です。

なおこの介護保険において実施される訪問介護は医療保険の適用外ともなります。
このように訪問介護と訪問看護の違いはご理解いただけたでしょうか。
訪問介護とは身体介護と生活援助を提供します。
訪問看護は療養上の介助と診療の補助を行うことなのです。
なお、この訪問看護におけるサービスも一部は研修を受けた訪問介護のすちゃっふでも行えるようになってきました。

この療養上の介助と身体介助も少しややこしいですよね。
医学的な管理下において提供されるのが療養上の介助です。
身体介助とは医学的な管理が必ずしも必要とされません。
さらに診療の介助とは、利用者が病院を退院して自宅に戻ったケースなどが考えられます。

医師以外の医療スタッフ
つまり看護師や理学療法士、作業療法士などがサービスを提供します。
ただし医学管理下の元にというのがキーワードでもあります。
これらのい訪問看護サービスは
・訪問看護ステーション
・病院
・s診療所や栗肉
が提供していることが多いです。

訪問介護と訪問看護は似て非なるものです。
このあたりをきっちりと利用者には説明して理解してもらわないといけません。
看護師 子育て 辛い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です