裁判でも通用する浮気の証拠とは?

パートナーに浮気の疑いを感じた時、たいていの人は自分で証拠を押さえようとします。しかし、よほど浮気をしているカップルが能天気な行動をしていない限り、まず素人が浮気の証拠を集めるのには困難を覚えるでしょう。何故なら、いつどこで密会するかが明確に把握しない限りは四六時中、相手に張り付いていなければならないからです。そんなことは普通の生活を送る人には不可能です。たとえそれが専業主婦の方でもです。ただ浮気の確証を得るだけなら自分が密会の現場を確認するだけでもいいのでしょうが、浮気していることを相手に認めさせるには、第三者が見ても浮気の事実とわかるような客観的な証拠が必要になります。それが密会中の証拠写真や撮影された動画、あるいは浮気カップルの会話データーなどです。こういった証拠集めは素人ではまず不可能です。仮にチャンスが巡ってきて写真が取れたとしてもそれが証拠として通用するかは疑問です。何故なら浮気の密会現場を捉えた写真とは、①調査対象者の顏が判別可能なこと②ホテルなどの密会現場の入退出がシッカリと撮影されていること③動画や画像が高画質で鮮明であること、などが上げられます。これほどの証拠を集めて、初めて浮気カップルたちを追求できるのです。その裁判でも通用するほどの証拠集めができるのが総合探偵社AMUSE(アムス)です。総合探偵社AMUSE(アムス)は探偵のキャリアが10年以上のベテラン調査員が多数在籍しており、撮影機材や録音機材もプロ仕様の高性能な製品を使用しています。また機材の性能も必要ですが、それを適材適所で使いこなすスキルも必要になります。相手に気づかれずない尾行術、ホテルの部屋に入るところまで撮影する隠し撮りの技術、浮気相手の素性を漏れなく調べ上げる調査力など、総合探偵社AMUSE(アムス)に依頼すれば、裁判でも証拠として採用される調査報告書を依頼者に提示してくれるでしょう。
総合探偵社AMUSE(アムス) 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です