Monthly Archives: 2月 2022

エステの炭酸パックが効く理由

市販の炭酸パックを買って使ってみたけど、効果がイマイチ……。この前、エステでやってもらったときはすごくよかったのに……。

まだたくさん残っている買ったばかりの市販の炭酸パックを眺めながら、こんなことを思っていませんか?

前にエステでやってもらったときは、お肌がぽうっとしてなんかつやつや、パック後に使った美容液もなんかいつもより入りがいい──だから、簡単にできる市販の炭酸パックを買ってみたけど思ったようにいかない。

そんな状態です。

もちろんこれは『エステの炭酸パック』だから効いた──なんてことはありません。

きちんと理由があって『エステの炭酸パック』は効果があって、お買いになった『市販の炭酸パック』は効果がいまひとつということになっています。

逆に言うと、その理由が満たされた炭酸パックならば、エステだろうが市販だろうがきちんと効果を発揮します。

では、その理由とは何かというと……『一定以上の高濃度炭酸を発生する炭酸パックであること』です。

一定以上の高濃度炭酸を発生する炭酸パックであれば、エステのものでも市販のものでもきちんと効果を発揮します。

というのも、炭酸パックの効果はボーア効果というものを利用しているからです。

ボーア効果は、『酸素が結合している血中ヘモグロビンが炭酸によって酸素を放す』効果のことを言います。

これによって、エステの炭酸パックの後、顔がぽうっと温かくなったり、ツヤツヤしていたり、美容液の入りがよくなったりしているわけです。

放された酸素がまわりの細胞に供給されて活性化しているのです。

だから、『一定以上の高濃度炭酸を発生する炭酸パック』であれば効果が期待できます。エステ、市販は関係ありません。

あえて、これに付け加えるならば、炭酸パックにお肌に合う効果的な美容成分がしっかりと配合されていれば言うことはないでしょう。

もっとも、これは炭酸パック後に自分に合う美容液を使えば解決する問題なので最優先の課題ではありませんが。

なので、とにもかくにも炭酸パックはお肌にボーア効果が出る程度には高濃度な炭酸を発生する炭酸パックでなければあまり効果は期待できないのです。

とはいえ、高濃度であればあるほどいいのかというとそういうものでもなく、『ある程度』で十分です。炭酸は酸なので高濃度すぎると、逆にお肌を痛めます。

ということで、1つおすすめの高濃度炭酸パックを最後にご紹介しておきます。

17skinの高濃度炭酸パックで、口コミ評価もよく、まさにご紹介した『ある程度の高濃度炭酸と多くの美容成分』を満たした炭酸パックになっています。

もしご興味がありましたら、下記リンク先の記事もチェックしてみるといいと思いますよ。

17skin イチナナスキン 高濃度炭酸パック 最安値

離婚の財産分与の対象となる物ならない物の違いは?

離婚の財産分与とは、夫婦が結婚している間に築き上げた財産を分けることです。
これはキチンと法律でも明文化していて、座員さんを分けてくれない相手には財産分与の請求を行うことができます。
(民法768条、771条)

しかし、離婚の財産分与で対象となる財産と対象とならない財産があります。
それには
・共有財産(離婚の財産分与の対象となる)
・特有財産(離婚の財産分与の対象とならない)
に分けなくてはなりません。

共有財産とは
共有財産とは婚姻期間中に夫婦で協力して築き上げた財産です。
たとえ専業主婦であっても内助の功で夫を助けることで築き上げた財産ですから財産分与を受けることができます。

特有財産とは
結婚前っから保有費sていた財産です
また親から相続した財産など夫婦で協力して築いた財産とは言えない財産もこれに該当します。

財産分与において原則的にその名義は関係ありあm、線。
たとえばマイホームなどの名義が夫の単独名義であったとしても、それを離婚の財産分与の対象にふくめることはできます。
それいがいでも預貯金や株式、自動車、保険金など夫婦どちらか一方の名義でも財産分与の対象となります。
さらには夫の退職金も財産分与の対象になります。
退職金は婚姻期間中の相手の協力があってこそ得た給与に付加されるお金だからです。

毛婚生活中に置いて夫婦が協力し鵜て築き上げた財産は今日っ有罪さんいなりますが、別居後に得た財産は財産分与の対象にはなりま、線。
別居後は夫婦が協力して築き上げた財産とは言えないからです。
ただし、別居期間が長い夫婦の離婚の場合の財産分与ではこのあたりの線引きが難しいこともあります。

まとめると、離婚の財産分与の対象となる財産は
夫婦となってから別居するまでに夫婦府で協力して形成された財産
といえます。
ですので
独身時代、あるいはそれぞれの親から相続や贈与などで得た得た財産
は対象になりません。

このあたりはよく混同されるのでご注意ください。
住宅ローン 離婚できない

アルコール・ネット・買い物・・・コロナ自粛期間で増加する依存症

コロナウイルスの感染予防として、自宅自粛してる人が多い今・・・
新たな問題は依存症です。

ストレス解消で、様々なものに依存していく人が増えています。

暇だから、ネットやゲーム
ストレス解消に、アルコールやネットショッピングやタバコ等
元々はただの趣味程度だったのに、止まらない人も増えてきました。

アルコール依存症の男性は、周りが言ってもやめないのです。
それはアルコールに依存することで自分を保ち、またアルコールの人は人に依存することが一切ありません。
アルコール依存になってるから、他にも依存しそうなイメージはありました。

また、アルコール依存症を活かした職業である水商売でお金に関してはなんとかしていきます。
これは女性男性に関わらずです。
稼いでもお酒には消えます。
水商売をしてもお酒のためにお金を借りたりする人は少ないのです。

買い物に関しては、徹底的にしてしまえば、終わります。
その時だけは結構な金額を使います。
ですが、満足してしまうと終わりやすいのです。

また、ネット・パソコン依存症は、生かして、インターネットビジネスに没頭させることも可能です。
ただ暇だからだらだらネットゲームをするだけでは変わりません。
プロのゲーマーを志す、SNS好きだからSNSで発信する、そういった意識をしていけば変わっていく人も多数いるのです。

私や、周りの人はこうして切り抜けていきます。

依存症を悪いものだとは思っておらず、とことん付き合っていくと終わっていくのです。

とにかく、ものに依存するということは、それをいかしていけば、人に依存することより役に立つという方向で、病院も中断して成功しています。

こちらでは、様々な依存症の体験談を載せています。
https://izonsyou-kokuhuku.com/

「やめたいな~」だけではやめれないのが依存です。
まずは、どうやって向き合うか見てみましょう。
そして、徹底的に向き合うことをオススメします。

裁判でも通用する浮気の証拠とは?

パートナーに浮気の疑いを感じた時、たいていの人は自分で証拠を押さえようとします。しかし、よほど浮気をしているカップルが能天気な行動をしていない限り、まず素人が浮気の証拠を集めるのには困難を覚えるでしょう。何故なら、いつどこで密会するかが明確に把握しない限りは四六時中、相手に張り付いていなければならないからです。そんなことは普通の生活を送る人には不可能です。たとえそれが専業主婦の方でもです。ただ浮気の確証を得るだけなら自分が密会の現場を確認するだけでもいいのでしょうが、浮気していることを相手に認めさせるには、第三者が見ても浮気の事実とわかるような客観的な証拠が必要になります。それが密会中の証拠写真や撮影された動画、あるいは浮気カップルの会話データーなどです。こういった証拠集めは素人ではまず不可能です。仮にチャンスが巡ってきて写真が取れたとしてもそれが証拠として通用するかは疑問です。何故なら浮気の密会現場を捉えた写真とは、①調査対象者の顏が判別可能なこと②ホテルなどの密会現場の入退出がシッカリと撮影されていること③動画や画像が高画質で鮮明であること、などが上げられます。これほどの証拠を集めて、初めて浮気カップルたちを追求できるのです。その裁判でも通用するほどの証拠集めができるのが総合探偵社AMUSE(アムス)です。総合探偵社AMUSE(アムス)は探偵のキャリアが10年以上のベテラン調査員が多数在籍しており、撮影機材や録音機材もプロ仕様の高性能な製品を使用しています。また機材の性能も必要ですが、それを適材適所で使いこなすスキルも必要になります。相手に気づかれずない尾行術、ホテルの部屋に入るところまで撮影する隠し撮りの技術、浮気相手の素性を漏れなく調べ上げる調査力など、総合探偵社AMUSE(アムス)に依頼すれば、裁判でも証拠として採用される調査報告書を依頼者に提示してくれるでしょう。
総合探偵社AMUSE(アムス) 口コミ